リゾートバイトは沖縄。リゾバで満喫するフリーリゾート

リゾバで満喫する沖縄フリーリゾート

(画像)


リゾートバイト(リゾバ)といえば、リゾート!
リゾートといえば沖縄!

 

沖縄で働きたい!体験したい!そして、遊びたい!
沖縄リゾバの魅力、近隣の観光地など、知りたい情報満載です。
今回は沖縄リゾバのすべてを詳くみていきましょう。

 

リゾートバイトは沖縄だ!

(画像)

 

食べ物も景色もそして住む人も、なにもかもが魅力的な沖縄。
バイトをしに来たつもりが、沖縄が気に入ってそのまま移住しちゃう人もいるのだとか。

 

離島によって雰囲気や方言なんかも異なり、自分の好みに合った島を探す「離島めぐり」なんかもおすすめです。
沖縄でしか出会えないものを求めて、この非日常、リゾートバイトにチャレンジしてみよう!

 

はやる気持ちを抑えつつ、まずは沖縄の魅力を再チェックしよう。

 

沖縄リゾバが人気の理由

(画像)

 

リゾートといえばやっぱり南国沖縄。
魅力あふれるリゾートライフがあなたを待っています。

 

沖縄に移住してみたい

将来沖縄に移住したいと考えているけど、いきなりはちょっと怖い。
だったらリゾバの長期滞在で、移住体験をしてみよう。
実はそういう人、多いです。

 

将来の予行練習的な感じでリゾバに望めば、周りの環境もいろいろと違って見えてくるぞ。

 

マリンリゾートを満喫できる

白い砂浜にどこまでも続く青い海に青い空!
リゾートといえばこれですね。
これぞ非日常。沖縄リゾートライフを目いっぱい楽しもう!

 

南国沖縄の大自然を満喫できる

沖縄は海だけじゃない!
西表島の「マングローブ林」など亜熱帯の森では不思議な植物がいっぱいです。
北部の「やんばる」も見逃せませんね!

 

格安でライセンスを取得してダイビングへ

沖縄に来たらやっぱり海!
世界中からダイバーが訪れる沖縄の海は魅力いっぱいです。

 

ぜひ現地でライセンスを取得して、ダイビングをしてみたいですね。

 

全国に仲間ができる

憧れの沖縄を目指してバイト仲間は全国各地から集まってくるぞ。
日常では出会えないような地域の人達と出会えます。
リゾバが終われば、全国各地に友達が出来たことに気が付くはず!

 

リゾートバイトの体験談(沖縄編)

(画像)

 

「沖縄リゾバの魅力とは?」

女性体験者 エリア:沖縄本島 職種:マリンスタッフ

 

ここ数年、夏も冬も数箇所でリゾバを経験してきましたが、私はダントツで沖縄がお気に入り!なんでかわからないんですが、沖縄リゾバは普通に仕事をしていてもハイテンションな日が多くて、 笑顔で過ごせるんですよね。あとは本当におしゃれな空間が多いのが嬉しいんです。思わずみんなで写真を撮りたくなる場所が沢山あって、沖縄から帰ってからの写真整理が本当に大変で…(笑) 景色も時間の流れもリゾート感たっぷりの沖縄は、まさに非日常の贅沢な毎日。もし旅行で来ていたらいくらかかるのかと思うとゾッとしますが、リゾバならそんな心配も全くないので、思う存分満喫できて大満足!! 沖縄の魅力にハマって「夏は沖縄!」って感じでここ数年リピートしちゃってます。本気でオススメの沖縄リゾバ。絶対後悔しないと思いますよ!是非!!

リゾバ.comより引用

 

沖縄ご当地グルメ

本場沖縄。絶対食べてほしい絶品グルメ。
これを食べなきゃ始まらない。これを食べなきゃ帰れない!

 

沖縄そば

(画像)

 

豚のあばら肉が乗ったソーキそばの絶品な沖縄そば。沖縄県内に数百という店があるといわれてます。沖縄のソウルフード的な存在ですね。

 

チャンプルー

(画像)

 

ゴーヤチャンプルーが有名だけど、本場沖縄では麩(ふ)やソーメンのチャンプルーもお試しあれ。

 

A&W

 

ここのルートビアは香りが独特だけどソウルドリンクになる事間違いなし。県民御用達のバーガーショップ。ちなみに日本では沖縄にしかありません。

 

ブルーシールアイス

(画像)

 

一時期渋谷センター街にも出現した沖縄のアイスクリームショップ。アメリカ生まれの沖縄育ちのアイスをぜひ試してみよう。

 

タコライス

(画像)

 

ごはんにチーズ、レタス、ひき肉、トマト。なんとも言い難い組み合わせだけど、これがうまい!沖縄のB級グルメの代表作。

 

ステーキ

(画像)

 

いかにもアメリカ的なダイナミックなステーキ。現地では飲み会の締めと言えばステーキなんだそう。がっつり頂きましょう!

 

沖縄ご当地スポット

 

日本を代表するリゾート地、沖縄。
沖縄には数えきれないくらいの観光スポットやアクティビティで溢れています!
休日にはぜひ観光してまわりましょう。

 

国際通り

(画像)

 

表通りから裏通りまで、沖縄最大の繁華街。日中と夜の両方で散策してみよう。歩く度に新しい発見があることでしょう。

 

美ら海水族館

(画像)

 

ドラマでもよく登場する超巨大水槽で有名な水族館。この水槽の前は癒しスポットなので、座ってのんびり眺めていよう。

 

首里城

(画像)

 

世界遺産の首里城。近年復元工事が施され、とてもきれいな朱色と独特の建築様式にため息が出るでしょう。

 

古宇利大橋

(画像)

 

どこまでも透き通る海に、どこまでもまっすぐな橋。なんともリゾート的な構図ですね。古宇利島は車で行けちゃう離島。ぜひレンタカーで遊びに行こう。

 

慶良間諸島

(画像)

 

沖縄一美しい島々。船で一時間のこの諸島は、まるで天国の様でしょう。ウミガメと戯れながら、しばし時間を忘れましょう。

 

波照間島

(画像)

 

人が住んでる最南端で有名な島。最南端と言われれば、行ってみたくなるのがアドベンチャーというもの。人の差性ですね。ぜひ攻め入ってください!

 

沖縄へは何時間?

(画像)

 

南方の果て、沖縄。いったい本土からどのくらい時間がかかるのでしょう。
飛行機で、北海道・札幌からは4時間弱。九州・福岡からは2時間弱といったところでしょうか。
どれだけ沖縄が南方にあるのかうかがえますね。

 

つまり、日本のどこにいても沖縄までの時間は大して違わない!
さぁ、東京のあなたも北海道のあなたもみんな沖縄へ!

 

派遣会社のスタッフ特典

リゾバでのバイト先と直接契約することはなくて、通常派遣会社を通して契約します。
だからこそのリゾートバイトなのです。

 

そして、大手の派遣会社ともなれば、バイト要員向けの設備やサービスも充実しているのです。
ここでは、ちょっとだけその一部を紹介しましょう。

 

ヒューマニック(リゾバ.com)の場合

リゾバ派遣会社最大手のヒューマニック(リゾバ.com)は、バイト要員(スタッフ)向けの特典がもっとも充実しています。
この株式会社ヒューマニックの例を紹介しましょう。

 

ダイビングライセンス

(画像)

 

沖縄にきたらぜひともチャレンジしたいダイビング。通常ダイビングライセンスの取得には4万円程度の費用がかかりますけど、ヒューマニックならなんと6割引き!(約13,000円)

 

ゆんたく

(画像)

 

ヒューマニックが管理運営するゲストハウス。1泊たった1,000円で泊まれちゃいます。観光の際のベースキャンプとしていかがでしょう!

 

頼れるコーディネーター

(画像)

 

ヒューマニック沖縄支店は頼れるコーディネーターばかり!なんでも相談して、気持ちよくリゾバを堪能しましょう。

 

沖縄に根差した桁違いな情報量で、あなたが望むバイト先がきっと見つかります。

まずは検索して、業界最大手の実力を実感してみよう。

(画像)

リゾバ.com(公式サイト)

 

沖縄にはどんなリゾートバイトがあるの?

(画像)

 

マリンスタッフ

やっぱり沖縄リゾバと言えばマリンスタッフでしょう。とはいえ屋外がメインのお仕事が多いので、体力に自信があるあなたにおすすめ。アクティビティのスタッフや、ビーチカウンターなどが多いですね。

 

フロント・ベルやレストラン

これは他地域でも馴染みのあるお仕事です。沖縄リゾバでの特徴はなんといってもリゾートカジュアルな制服!そして、接客もかなりカジュアルなのです。これぞ沖縄ですね♪

 

かわったお仕事

日本中で沖縄程異文化なところはありません。バイトにも本当にいろいろあるのです。例えば・・・・。
・民謡居酒屋で太鼓を叩いたり踊ったりする仕事
・水牛の乗務員をする仕事
・パイナップルの加工をする仕事
などなど。レアすぎる!

 

桁違いな情報量で、あなたが望む超レアなバイト先もきっと見つかります!

まずは検索して、業界最大手の実力を実感してみよう。

(画像)

リゾバ.com(公式サイト)