リゾバの旅館は温泉三昧と思いきや優雅な雰囲気とのギャップに悶える日々

リゾバ(リゾートバイト)は絶対温泉旅館!

(画像)


リゾートバイト(リゾバ)といえば、絶対温泉旅館ですよねー。
一日の労働を終えた私を迎えてくれるのは魅惑の温泉!こりゃ疲れも吹っ飛ぶぜ!

 

・・・って思ってました。
こんな感じだと思ってました。
わたし。

 

嘘じゃない♪リゾバ温泉旅館の魅力

(画像)

 

毎日温泉に入れる!

仕事の後や休日に、温泉でリフレッシュ!
良ーく考えたらこの温泉宿、一泊ン万円するんだよね。そこの温泉をタダで満喫できるなんて、こんなこと許されるんだぁ。極楽極楽♪
これ毎日でもokなの?すごすぎる!私ちょーセレブ!(笑)
温浴効果で、リゾバが終わるころには美肌をゲットよ!

 

温泉=最高の癒し。これは日本人のDNAに刻まれた公式です。
最高の温泉に毎日入ってるのに、お金が増えていく。そんな現代の錬金術が温泉旅館のリゾートバイトです♪

 

まかないが最高にうめぇ!

以前やったスキー場のリゾートバイトでは食事は冷えたコンビニ弁当だったけど、ここは料理が大きなウリの温泉旅館。厨房に立つのはプロの料理人です。プロが片手間に作るまかないが、うまくないわけがないじゃないですか。
涙が出てくるほどのうまさです。
もしかしたら、スキー場でリゾバしてた過去の自分を思い出して、涙が出てきたのかもしれません。

 

「おもてなし」の心を手に入れる

旅館はとにかく癒しを求めて訪れるお客様ばかりです。
海外の方も多いでしょう。
気が付けばあなたは、着物を着こなし、心を込めたおもてなしでお客様を接客する立派な仲居さんになっていることでしょう。
世界に誇る、和のおもてなし。リゾバで体験してみましょう。

 

お金が貯まる

とにかくお客様優先の温泉旅館。お客様の行動に合わせて勤務時間が長くなるいっぽうで、残業代がたんまりついてものすごくお金が貯まります。平均したら1日あたり1万だったなんてケースも!
そもそも衣食住に費用がかかってないから、バイト代はすべてあなたの稼ぎになります♪

 

リゾバを温泉旅館にしたのに、こんなはずじゃなかった!

(画像)

 

バイトは温泉に入れない!?
まかないはコンビニ弁当!?

 

リゾバをわざわざ温泉旅館にしたのはこのためだったのに。
こんなハズじゃなかったぁぁぁっ!

 

なんてシャレにならない事にならないように、ちゃんと裏ワザがあるのです。
それはこの記事の最後で!

 

体験談:リゾバを温泉旅館にしてよかった!

(画像)

 

女性(30歳) 職種:仲居

 

京都の仲居さんはさすが、洗練されていて皆さん「粋」!
地元の古民家でずっと仲居の仕事をしていて、もっとその仕事を究めたいと思い登録しました。京都の旅館にお仕事が決まったときは嬉しかったです。仲居といえば京都というイメージが強く、京都自体にもすごく興味があったので、ワクワクしました。 そこの旅館は、帯で個性を出しておしゃれを楽しんでほしいという方針で、帯を持ってきてくださいと言われました。正直、困りました。着物小物は一式持ってましたが、今までは制服の帯を使っていたので…。間に合わせで祖母の帯を借りていくことにしました。 仲居さんのお仕事は、気配り・笑顔・迅速さが大事だと思っていましたが、京都の仲居さんはさすが、洗練されていました。気配り・笑顔・迅速さはもちろん、皆さんとっても「粋」。どんなにあわただしい時でも所作が美しく、着物や髪が乱れることもありません。ついてくれた先輩も、仕事のことはもちろん「着こなし」についても厳しく指導してくれました。帯が曲がってる、あわせが雑、せっかく首が長いからもうちょっと襟を抜いても奇麗だよとかも言ってくれました。確かに、仲居さんがキマってるとお客様も「いいところに泊まれる」と期待値を上げてくれるようで、おもてなしの心はこんなところにも表れるものだなぁと、とても勉強になりました。


αリゾートより引用
女性(30歳) 職種:仲居

 

温泉のおかげで肌トラブルとは無縁の毎日♪
城崎温泉といえば外湯めぐり!お休みの日にはよくぶらっと散歩をして温泉に入ったり、足湯に入ったり、とっても贅沢な時間を過ごしました♪職場で仲の良かった先輩と浴衣に下駄をはいて、温泉を巡ったのも素敵な思い出です。寮が近くなので時間を気にせず、とにかく温泉に入りまくって、今では本当にお肌がぷるぷるなんです!!リゾートバイトの前はストレスで肌が荒れることなんて日常茶飯事だったのに、今ではそんな悩みとは無縁です(^^) 延長をして約半年、本当に素敵な時間になりました。本当にありがとうございました。次はまた温泉地か沖縄に行こうと思っています!今からとっても楽しみで、わくわくしています♪


αリゾートより引用

 

女性(23歳) 職種:レストラン・配膳

 

ホテルのお客様にホームステイ先を紹介してもらえるなんて!!
お仕事にも慣れてきた頃、ホテルにいらしたお客様が、最近まで仕事でドイツに居たって話をしてくださいました。すごく優しい方で、私がドイツに留学したいって話すと、お勧めのお店とか、穴場の観光スポットも教えてくれました!お話するうちに仲良くなり、なんと、ドイツの友人夫婦に紹介してくれるっていうんです!学校が近ければそこにホームステイしてもいいし、観光の時にガイドにもなってくれるって…。なんて優しい人たちなんだろう、こんな出会いがあるなんて!!と、本当に感動して、思わず涙ぐんじゃいました。地元でアルバイトしていたら絶対に出会えなかったですよね。ああ、本当に、リゾートバイトしてよかったな…としみじみ思いました。 貯金のほうも順調で、気づけば目標金額達成!6か月の勤務期間も、あっという間に終わってしましました。今すぐドイツに行きたい気持ちと、もうちょっとココで働きたい気持ちが頭の中でぐるぐるして、複雑でした。そのくらい、ここでのお仕事は楽しかったです。そして、ついに来月。憧れのドイツに旅立ちます!ドイツの空港には、あのお客様に紹介してもらったドイツ人のご夫婦が迎えに来てくれる予定です!楽しみでしょうがないです。 素敵な出会いに本当に感謝、感謝です。ありがとうございました!!


αリゾートより引用

 

リゾバのなかでも温泉旅館は平和♪

(画像)

 

いい意味でもそうじゃない意味でも、温泉旅館は平和です。別に暇って話じゃないですよ。普通に忙しいです。
忙しくないリゾバなんてないですよ。そりゃ。忙しいからバイト募集するんだって。

 

バイトを大量に雇用するアウトドア系のリゾバ(スキー場とか)は、バイト同士の団結もノリもアクティブです。
気の合ったグループで勝手にチーム名とかつけるわ、休日は団体行動で観光地に繰り出すわ、オンもオフもアクティブです。
インドア派の私にはついていけません。

 

それに引き換え、温泉旅館のリゾバは募集人数はせいぜい数人。
ワイワイしたノリについていく必要もないし平和ですよ。

 

あ、出会いを求めてるなら、温泉旅館とかじゃなくてスキー場とかがいいかなぁ。

 

リゾバで選ぶ温泉旅館で外れを引かないために!

(画像)

 

わたしは温泉に入るのが目的だったのに。
それもあるけえど、おれは美味しい賄いにありつけると思ったのに。

 

さぁ、大変です。
温泉旅館の2大楽しみ「温泉」「まかない」がふさがれてちゃ、残るのはキツイ労働だけじゃないですか。
なんですか、ここにはバイトに癒しはないんですか。

 

そんなハズレはこう回避しよう

まず、自分の真の目的をはっきりさせよう。

 

・何を犠牲にしてもとにかく稼ぎたい!
・有名な温泉旅館で、温泉三昧してみたい!
・めちゃめちゃおいしい賄いを生き返りたい!
・友達と出会いたい。異性との出会いが欲しい!

 

そして、リゾバ派遣会社(リゾバ.comなど)で検索するのです。
そう「温泉に入れる」みたいな♪

 

自分の目的を達成できる案件に絞ったうえで、希望の日程・地域・業種を探せばいいのです。

 

そんなに絞っていって平気なの?

 

そこが最大の問題です。
あまりわがままが過ぎると、検索結果が0件に。
でも、案件がものすごく多い派遣会社ならどうでしょう!

 

きっとあなたの希望する案件が見つかるはずです♪

 

桁違いな情報量で、あなたが望む超レアなバイト先もきっと見つかります!

まずは検索して、業界最大手の実力を実感してみよう。

(画像)

リゾバ.com(公式サイト)